Before LASIK Operation レーシックを受ける前に トップ

 

レーシックの料金

 

残念ながらレーシックは原則的に保険適用外なので自費診療となります。そのため、手術にかかる金額はクリニックによって大きく異なります。少し調べると分かるのですが、レーシック手術にかかる費用は最安価で10万程度、逆に高いものになると50万を超えるものまであります。かつては、これとは比較にならない程高額の手術費用でしたが、技術の進歩や世間に広まることで受けやすい手術になってきていると言えるでしょう。また、保険が全て使えないかといえばそういうわけではありません。社会保険など国から発行される保険では適用外ですが、民間の保険の中には利用可能なものがありますので、金額としてはそこまで大きな補助にはならないかもしれませんが、利用できるならした方がよいでしょう。しかし、この保険支援はあくまで保険としては例外的なものなので、利用をするためには加入している保険会社に問い合わせて確認する必要がありますので注意してください。必ず適用されるものでは無いということを覚えておきましょう。

 

また、クリニックによっては期間限定などで値段が格安になる場合などもありますし、紹介制度として手術を受けた人が他の人を紹介する事によってキャッシュバックや割引が生じる事もあります。世界的に見ると、日本の手術料はかなり安い部類になっているそうです。レーシックの料金は、もちろん安いに越した事は無いと思うのですが、現状を聞く限り安い場所では患者数も多く、それなりの手術であるケースが多いようですので気をつけましょう。もちろん高い場所=腕が良い場所というわけではありませんが、金額と丁寧さがある程度比例している事は確かなようです。また、手術内容によっても金額は大きく変わってきます。ノーマルなレーシック(ケラトーム)がもっとも安価で、医師の技量が必要となるエピレーシックやラセックはやはり割高となります。多くのクリニックでは通常のレーシックとその他の方法を行っているのですが、ここで勧誘の問題が生じる事も多いと言えるでしょう。クリニックのホームページなどに安価で紹介されているものの多くは通常のレーシックですが、実際にカウンセリングを受けると、割高のイントラレーシックやエピレーシックなどをすすめられるケースが存在したりします。もちろん手術を受ける人がその方法にあっているのであれば問題ないのですが、特に高い方法で手術をうける必要も無いのにしつこくすすめられるような場合は他のクリニックでカウンセリングを受けてみることも必要だと思います。レーシック手術は一生に関わる手術。私個人的には値段よりも施術を行う医師の腕や、保障などを重要視して、安心確実な手術をすることが重要だと思います。

Favorite


アプスタ


プチギフト

2020/5/28 更新

 

レーシックイメージ

 

ありがとうございます。ここは眼科手術であるレーシック(LASIK: Laser in Situ Keratomileusis )についてのページです。